EGF...1グラムあたりで8000万円の高価な成分だった

EGF...1グラムあたりで8000万円の高価な成分だった

究極のアンチエイジング化粧品としてEGF(ヒトオリゴペプチド-1)が、口コミで急速に注目を集めています。
EGFは、そもそも、米国のスタンレー・コーエン博士が発見したものですが、かつては非常に高価なものでした。
その価値、1グラムあたりで8000万円!...とも言われ、かつては医療用として、ちびちびと利用されるに過ぎませんでした。
近年では、一転して遺伝子工学などの技術革新により、化粧品として何とか手の届くものになってきました。

……このカテゴリの全文をみる